EMIT-Japan WebCT レター

  • 登録・解除
  • プライバシーポリシー

【WebCTビギナーズ_1】サービスパックやHotfixのリリースノートについて

「WebCTレターのニュースでHotfix(修正パッチ)やサービスパックがよく 掲載されているけど、私はWebCTの管理者ではないし、あまり関係ないかな?」 と思われた事はありますか?確かに、HotfixはWebCTの管理者しか適用すること ができません。でも、『こういうことが直っている』という情報を得ることは 個々のユーザにとっても有益ではないでしょうか。  今回はビギナーズ向けにサービスパックやHotfix情報のある場所とその適用 についてご紹介します。

情報の入手と適用の仕方

まず下記のURLにある、WebCT社のWebCT Supportのページ (http://www.webct.com/support/viewpage?name=support_bulletins) をご覧下さい。 このページには、今までにWebCT社が告知したさまざまなHotfixがリストアップされています。 この中から、必要なHotfix、つまりWebCT CEで現在お使いのバージョンに関するものを選んで入手し、WebCT管理者が適用することになります。 (エミットジャパンでは、現在日本で一番ユーザの多いCE4.0に関してのHotfixの日本語訳を作成しています)

例えば、先月号のニュースで掲載された、テスト・アンケートに関する「WebCT キャンパスエディション 4.0 SP4 Hotfix 41971」もこのリスト上にあります。 7/22付けのところに "WebCT CE 4.0 SP4 Hotfix 41971 Now Available"とあるのがそれです。さっそくそこをクリックしてみます。 するとこのHotfixについての説明があり、そこからダウンロード(*)し、入手することが出来ます。

適用の方法については、ダウンロードしてきた圧縮フォルダーの中にREADME.txtがあり、そこに説明が書かれています。(* ダウンロードの際にはライセンスキーとコンタクトパーソンのアドレスが必要です)

もっとタイムリーに情報を入手するには

WebCTレターではCE4.0に関してのHotfixの日本語訳をニュースで掲載し、エミットジャパンホームページ最新修正パッチ情報内(http://www.emit-japan.com/webct_japan/webct_40/webct_fixbug/)でも公開していますが、もっとタイムリーにHotfix情報を入手することも出来ます。

WebCT社のWebCT SupportページからWebCTアナウンス・メーリングリストに登録する(http://www.webct.com/support/viewpage?name=support_announce_list) と、Hotfixが出たその日にメールでその情報を受取ることが出来ます。 (ただ、バージョン違いのものなど、必要でないHotfix情報も全て送信でされてしまいますが。。。)

適用のタイミングはどうればいい?

しかしながら実際はWebCTの運用上、サービスパックやHotfixが出たからといってすぐに適用できるかというとそうでもないのが現実です。

一般的に明らかにとても重要なものは、セキュリティに関するものなので、万一その様なHotfixが出てしまった場合は、出来るだけ早く適用してあげなければなりません。あとは個々のユーザが、どうその重要度を捉えて、運用上の タイミングを見ながら適用していくかということになるでしょう。

文責: 大河内絵里菜
(2004年 9月)