“コンマ区切り”のテキストファイルを作成する


まずカレンダーに登録したいエントリを、コンマ区切り形式のテキストファイルで作成します。


  1. カレンダーに登録したいエントリ情報を、次のフォーマットに従って入力します。

    :日付(dd/mm/yy),要約,URL,内部リンク,開始時刻 (hh:mm),終了時刻 (hh:mm),詳細

  2. 続けて、次のエントリを入力していきます。各行の先頭にコロンを記述し、1エントリに1行を使用します。
  3. 例えば、2005年6月3日(金)〜4日(土)の2日間にわたり、日本WebCTユーザ会主催の第3回日本WebCTユーザカンファレンスが予定されているとし、この情報をカレンダーに入力しておくことにします。

    この情報を含むコンマ区切り形式のテキストファイルは次のようになります。

    Tips
    • イベントの記述はコロンで始めます
    • 日付と要約は必須アイテムです
    • フィールドが空の場合は,コンマとコンマの間に空白は不要です
    • 詳細セクションには複数の行が使用できます

    注意!!
    コンマはフィールド間の区切りに使用し、省略するフィールドにも使用する必要があります。この例では内部リンク、開始時刻、終了時刻の各フィールドが省略されています。

  4. エントリの入力が終わったら、.txt 拡張子でファイルを保存します。

  5. Tips
    上記の例の「URL」と「開始時刻」の間にある、「内部リンク」フィールド(ページ ID など)は、熟練したユーザでなければ使用しないほうが良いでしょう。